DISAANA(ディサーナ)とは

対災害SNS情報分析システムDISAANAは、今現在のTwitterへの投稿をリアルタイムに分析し、エリアを指定するとそこで発生している災害に関する問題・トラブルを自動的に抽出したり、「大雨が降っているのはどこ」といった質問の回答候補をTwitterの投稿から抽出し、リスト形式または地図形式で表示できます。今まさに起きている災害の情報を簡単に入手する事ができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末のブラウザから利用する事ができます。東日本大震災直後1週間分のTwitterへの投稿を用いた東日本大震災試用版、及び 2016年熊本地震の際の投稿(4月14日から4月21日まで)を用いた熊本地震試用版も試験公開しております。DISAANAの使い方については、使い方 をご覧ください。

DISAANAは、国立研究開発法人情報通信研究機構耐災害ICT研究センターならびにユニバーサルコミュニケーション研究所にて開発され、東日本大震災時のデータを用いたシステムを2014年11月5日より、今現在のTwitterへの投稿を用いたシステムを2015年4月8日より試験公開しています。システム開発の背景や目的等についてはNICTニュース2015年6月号(PDF,5.1MB) や、プレスリリース(2015年4月8日)をご覧ください。免責事項をご確認の上ご利用ください。

    DISAANAを今すぐ使う(免責事項を確認の上、左側のボタンを押して下さい)

 

免責事項

:本免責事項をご理解の上、本ページの一番下にある「以上のシステム使用の条件を承諾し、システムを使用します。」というボタンを押してシステムをご利用ください。

本システムは、ソーシャルネットワークサービス(SNS)のTwitterに一般の方々から投稿された日本語のテキスト(以下では、ツイートと呼びます)を自動的に分析し、「熊本県で孤立しているのはどこですか?」といった災害に関連する質問に対する回答の候補を地図などの上に表示し、災害時の救援活動、避難活動で役立てていただくシステムで、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)で開発されたものです。

こちらで公開しておりますシステムは、平成28年熊本地震直後約一週間のTwitterデータ、すなわちツイート(日本語による投稿の約10%、約5,000万件)を対象とするもので、実際の大規模災害時にどのような情報がSNS上で発信されるかをご理解いただくための試用版です。

Twitterに一般の方々から投稿された情報をベースとしておりますため、その回答の候補は事実と異なっている可能性があります。自動分析の誤りによって、誤った回答候補が出力される場合もございます。また、一部には自動分析は正確ですが、不確かな伝聞、デマ、流言、風評と思われる回答候補も出力されます。なお、一部のデマ等に関しては、それがデマであることを指摘するツイートも合わせて表示しますが、これも自動分析によっており、誤った結果が表示されることもあります。こうした問題は自動分析技術の限界によるものであり、すべての出力はNICTの主体的な意思決定・判断を示すものではありません。また、NICTは、本システムの使用に関連して生ずる損失、損害等について、いかなる場合においても一切責任を負いません。

以上の回答候補、分析の性質をご理解の上、システムの出力以外の情報も合わせて総合的にご検討の上、回答候補の信憑性をご判断いただくこと、ならびに入力いただいた質問や画面上での操作の記録を今後、質問応答技術を改善する研究のための基礎的データとしてNICTにて活用させていただくことをシステム使用の条件とさせていただきます。

[動作環境]
  • 当サイト(disaana.jp)は、Microsoft Edgeでは、「子ウィンドウ制御に関係するバグ」のためご利用いただけません。Firefox, Chrome等のブラウザをご利用ください。
  • Internet Explorer 10 以前のバージョンでは動作しません。また、IEでは、ツイート表示ウィンドウを印刷する際に、ページ境界位置にあるツイートの一部が欠損する場合があります。Firefox, Chrome等をお使いください。
  • 履歴等を記録できないプライベートブラウズモードでは、ご利用頂けません。