DISAANA(ディサーナ)とは

対災害SNS情報分析システムDISAANAは、今現在のTwitterへの投稿をリアルタイムに分析し、エリアを指定するとそこで発生している災害に関する問題・トラブルを自動的に抽出したり、「大雨が降っているのはどこ」といった質問の回答候補をTwitterの投稿から抽出し、リスト形式または地図形式で表示できます。今まさに起きている災害の情報を簡単に入手する事ができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末のブラウザから利用する事ができます。また、東日本大震災直後1週間分のTwitterへの投稿を用いた東日本大震災試用版も試験公開しております。DISAANAの使い方については、使い方 をご覧ください。

DISAANAは、国立研究開発法人情報通信研究機構耐災害ICT研究センターならびにユニバーサルコミュニケーション研究所にて開発され、東日本大震災時のデータを用いたシステムを2014年11月5日より、今現在のTwitterへの投稿を用いたシステムを2015年4月8日より試験公開しています。システム開発の背景や目的等についてはNICTニュース2015年6月号(PDF,5.1MB) や、プレスリリース(2015年4月8日)をご覧ください。免責事項をご確認の上ご利用ください。

    DISAANAを今すぐ使う(免責事項を確認の上、左側のボタンを押して下さい)

 

免責事項

:本免責事項をご理解の上、本ページの一番下にある「以上のシステム使用の条件を承諾し、システムを使用します。」というボタンを押してシステムをご利用ください。なお、Internet Explorer 10 以前のバージョンでは動作しないことがあります。

対災害SNS情報分析システムDISAANAは、入力された質問等に対して、質問中の語句やその同義と見なせる表現でTwitter情報(日本語による全ての投稿の10%程度)を検索し、機械的に回答候補を抽出します。従いまして、そもそも不正確なTwitter情報や、自動分析の誤りによって、デマや誤り、その他不適切な回答候補が出力される場合もございます。これらすべての出力は機械処理によるもので国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)の主体的な判断を示すものではありません。また、NICTは、本システムの使用に関連して生ずる損失等について、いかなる場合においても一切責任を負いません。

以上の回答候補、分析の性質をご理解いただくこと、ならびに入力いただいた質問や操作の記録をアクセス元のIPアドレスとともに、NICTにおける今後の研究において活用させていただくことへの同意をシステム使用の条件とさせていただきます。また、本システムは、研究中のものであり、事前の通知なく停止することがあります。さらに、本免責事項についても事前の通知なく、いつでも変更することができるものとします。